プレミアム・カード研究所トップ > その他のVIPカード

その他のVIPカード

○VISAカード

1958年にバンク・オブ・アメリカが設立したことから始まり、1976年にインターナショナルブランド戦略として現在のVISAの名称に変更しました。カード会社としては世界シェアも60%以上とトップでクレジットカードが使えるお店であれば、そのほとんどでVISAカードは利用できると言っても良いでしょう。日本では住友クレジットサービスとの提携からスタートしたため、今でも三井住友との提携カードのイメージが強いですが、現在ではその他の銀行や企業との提携カードも多数発行しています。また、マスター・カード同様に「PLUS」という世界的な銀行オンラインシステムを運営しており、170ヶ国以上、100万箇所以上のATM網を持っています。現在では1億4千万枚以上発行されています。世界中でカードが利用できる場所ならVISAカードがあれば安心と言われる所以です。

 

○MASTERカード

1966年にアメリカで組織化され、その後全世界で銀行や企業などとの提携を増やしていきグローバル・カードとしての位置を拡大していきました。特に加盟店の数などヨーロッパで強いと言われています。(特にイギリス)現在、世界でのシェアは28%とVISAに次ぐ2位です。また、マスターカードはビザ同様に自社ブランドのカードは持たず提携する企業や銀行などにサービスを提供しています。現在では「Maestro PayPass」という非接触型決済方式のPOSオンライン・デビットカードがヨーロッパおよび北米地域で拡大しています。また、世界的なATM網を発達させCirrus(シーラス)と言われる世界的な銀行のオンラインシステムを運営しており、93ヶ国、100万箇所以上のATMが利用できるようになっています。

 

○JCBカード

1961年に三和銀行と日本信販によって(株)日本クレジットビューロー(JCB)として設立されました。日本のクレジットカード会社としては最大手であり、約5500万人(そのうち336万人が海外発行)を越す会員がおり世界190の国と地域で約1350万店舗の加盟店を持っており世界の5大クレジットカードブランドのひとつです。日本国内での加盟店や提携企業は多く利便性も良いですが、海外での加盟店はまだまだ弱いというのが現状です。同社では海外業務を行うための子会社として、「株式会社ジェーシービー・インターナショナル」(JCBI)を設けて提携会社や加盟店開拓をおこなっています。

 

○ディスカバーカード(Discover Card)

1985年に米デパートのシアーズによって設立され、後にはモルガンスタンレーに売却されましたが、現在は独立企業として運営しています。日本では知名度が低いですが、本国アメリカでは5千万人を越す会員がいて4百万以上の加盟店(店舗)を保有し、全米で4千以上の金融機関のATMを利用できます。しかし、インターナショナル展開はおこなっていないため利用できるお店はアメリカ国内とカナダの一部の店舗のみです。本部はイリノイ州。

 

○中国ユニオンペイ(銀聯(ぎんれん))

2002年に中国で設立され、現在では国内の多くの銀行が銀聯ネットワークに加盟しています。中国では貧富の差も大きく個人の信用度が低く与信が難しいため大多数の中国人はクレジットカードを所有できません。それに替わるカードとして銀行口座から即時引き落としができるデビットカードが普及しました。中国では人民元の持ち出し制限があり国外での買い物に制限がありますが、銀聯カードであれば1万人民元まで使用することができます。最近では、中国からの観光客向けに日本国内でも銀聯カード加盟店が増えています。2008年現在で20カ国の加盟店で利用できるようになっており中国経済同様に拡大していくものと思われます。

三井住友VISAゴールドカード

総合評価:★★★ 三井住友VISAゴールドカード

Masterと並ぶ世界2大ブランドであるVISA。全世界のシェアの約64%を占め、その信用性と価値...

三井住友VISAゴールドカードの口コミを見る
三井住友VISA...に入会する

シーンで選ぶプレミアム・カード

様々なシチュエーションで利用する上級カードはスマートに利用したいものです。
カード会社では提携している企業やサービス内容もそれぞれ特徴があります。
より自分のライフスタイルに合った1枚を選ぶとさらに満足度もアップするでしょう。

海外で使う

インターナショナルな場で使うカードは限度額も無くステータス性が高いカードを持ち歩きたいものです。あらゆる場所で満足できる接客が受けられます。また、現地のトラベルデスクの多さが旅に安心をもたらしてくれます。

空港ラウンジで使う

旅行や出張の緊張感をほぐしてくれる場所が空港ラウンジです。ゴールド・カード以上を持つ人が得られる特権的なサービスですが、提携空港の多さで選ぶとさらに便利です。ちょっとセレブで快適なひと時が過ごせます。

ショッピングで使う

買い物で使うクレジットカードは限度額に制限が無いことが重要ですね。旅先での衝動買いや高級ブランドでのショッピングなどにも対応できるカード選びがj大切です。また提携店舗の多さやポイント還元率の大きさもポイントです。

食事で使う

高級レストランや料亭などを利用したいならコンシェルジュサービスが便利です。予約が取れにくい有名店もその場で手配してくれます。提携レストランでの優待が多いのも魅力です

保険で使う

海外出張や旅行が多い人には海外傷害保険の金額はカード選びの大きなポイントです。保険コンサルティングサービスも備えたゴールドカードは貴方の人生設計の味方です。

ビジネスで使う

自営業やエグゼクティブならビジネスカードが便利です。接待で使うお店やゴルフ場予約もすぐにしてくれます。また、面倒な経費処理や領収書管理もこれ1枚があれば便利になります。